クリニックについて

ベストパフォーマンスのために

日系企業の駐在員やその家族、留学生にとって、 特に南カリフォルでは車移動が多く、渋滞に巻き込まれたり、異国に住むことによって生じるストレスが原因で引き起こされる疲労や病気・怪我も多く見られます。当クリニックではそういったアメリカ在住の日系人のファミリーの患者さんを中心に、仕事やスポーツ、学校や家庭において健康を維持し、常に最高のパフォーマンスを発揮出来るようお手伝い致します。 当クリニックでは、施述は、まず最初に障害部位を優先し、その後、身体全体の機能改善を目指します。カイロプラクティック、鍼、ファンクショナルディープティシューマッサージ、その他治療方法を組み合わせ、個々の患者さんにあった最善の治療方法を提供致します。清潔で落ち着いた雰囲気の中で、熟練の女性専門医が患者様の健康生活を取り戻すお手伝いをいたします。クリニックはビーチシティー、パロスバルデス地区近郊のロミータ市にございます。

個々に適した治療

個々の症状に応じて治療方針を決定いたします。Dr. 内田は、長年に渡り、様々な治療方法を研究し、実際に個々人の症状に合わせて治療を施しています。

快適な最新治療設備

内田クリニックでは、患者様が快適で効率的に治療が受けられるよう努力してまいりました。最新のレントゲン設備を備え、より迅速で正確な診断が可能です。クリニック全体に板敷きのフローリングを施し、最新でモダンなスタイルのレストルームを2つ完備しております。治療室も快適に過ごせるように施されております。

環境への配慮

内田クリニックは、環境への影響にも配慮しております。当クリニックでは、Environmental Management System (EMS)を始めました。EMSでは可能な限り、汚染物質を減らし、継続的に環境への配慮を行い、環境改善に貢献していきます。

Dr. 内田 友来, D.C., L.Ac.

Dr. 内田 友来, D.C., L.Ac.

愛媛県松山市出身。1988年 明治大学文学部卒業後、同年渡米。コーネル大学(NY)やカリフォルニア州立大学を経て、1998年、Southern California University of Health SciencesにてDoctor of Chiropracticの資格を取得。2001年にはSouth Baylo Universityにて鍼漢方医の資格も取得。2015年は TPI(Titleist Performance Institute) Level1を取得し、現在も継続して勉強を続けています。
2015年はComputed Radiology(Fuji Film)を導入し、X線のディジタル化も実現致しました。
関西医療大学の米国研修の受け入れや明治大学の企業訪問のサポート、所属しているJBA(Japan Business Association)活動など、医療の枠を越えた教育・社会貢献にも力を注いでいます。
今現在もアメリカに住む日本人や現地の方々が健康に過ごせるように、日々精進しています。